360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」

「VEZO 360」は360度カメラを搭載したドライブレコーダー。米国サンフランシスコに本拠を置くArVizonが開発した。

360度カメラを搭載したドライブレコーダーVEZO 360
360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」

2つのレンズを搭載しているのが特徴。これにより360度の撮影を実現している。クルマが横からぶつかってきたときでも、事故発生時の状況を映像として残すことが可能だ。

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
360度のカメラを搭載しているので
横からぶつけられ

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
「おれは悪くない
まっすぐに走っていたらお前がいきなり出てきたんだ」
などとごねられた時でも

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
「私は止まっていました
そこにあなたが突っ込んできたのです」
と証拠を突き付けられる

モーションセンサーを搭載しており、当て逃げに対応している。駐車場でぶつけられたとき、周囲に人がいないと当てた側の人は逃げてしまいがち。そんな場合でも、当て逃げ犯人の特定を容易にしてくれる。

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
「バックしてたら、当たっちゃった…どうしよう?」

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
「誰も見てないし、逃げちゃお!」

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
…なんてときでも、「VEZO 360」がナンバーなどを撮影している

動画はMicro SDに保存するタイプ。256GBまでのカードに対応しているので長時間の記録が可能だ。

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
長時間の記録が可能

スタンダード版とAI搭載版の2バージョンが用意された。AI搭載版には居眠り防止機能が搭載されており、ドライバーの顔の角度や目の開き方で居眠りを検知してアラーム警告を発する。

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
AI搭載版には居眠り防止機能を搭載

ArVizonは現在、「VEZO 360」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では149ドルの出資+15ドルの送料でスタンダード版を1個入手可能だ。AI搭載版は219ドルの出資+15ドルの送料で入手できる。出荷はスタンダード版が2019年9月、AI搭載版は2019年11月に予定されている。

360度カメラを搭載したドライブレコーダー「VEZO 360」
こんなパッケージです