アストンマーティンは、同社初の電気自動車「ラピードE(Rapide E)」の生産バージョンを上海モーターショーで初披露した。世界限定155台での販売。

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

パワーユニットはV12エンジンから、最高出力610PS、最大トルク950Nmを発生するモーターに置き換えられた。このハイパワーなモーターがリミテッドスリップ・ディファレンシャルを介して後輪を駆動。0-100km/h加速では4.2秒を達成している。最高速度は250km/h(リミッター作動)に設定された。

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

航続距離は約322km。400V 50kWの充電器を使用すると1時間あたり約298kmのレートで充電可能だ。800Vの充電プラグを使用すると1時間あたり約500kmのレートで急速充電できる。

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

バッテリーは、かつて6.0L V12エンジン、ギアボックス、燃料タンクが配置されていた場所に設置された。

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

エクステリアではフロントフェイスに変更が施された。従来のラジエーターグリルが、ハニカムグリルに変更されている。電動化により以前ほどの冷却効率が要求されないため、フロント周りの開口部は最適化され、ボディを通過するエアフロ―は最小化された。車両全体の空力も改善されており、航続距離の伸長に貢献している。

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

アンダーフロアでは、フロント・スプリッターからリヤ・ディフューザーへと流れるエアフローが最適化された。このリヤ・ディフューザーは、従来のエキゾースト・システムが不要になったことを受けて「Rapide E」専用に新設計されたものだ。

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

足回りではホイールのデザインが新しくなり、ブレーキの冷却性能を犠牲にすることなくより高い効率を実現している。タイヤには転がり抵抗の低いピレリP-Zeroが装着された。これらの変更により「Rapide E」の空力パッケージは、以前の内燃エンジンを搭載したモデルよりも8%向上している。

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

インテリアでは従来のアナログメーターが姿を消し、10インチのデジタル・ディスプレイが設置された。このディスプレイはバッテリーの充電状態、モーター出力レベル、回生パフォーマンス、リアルタイムのエネルギー消費量といった情報を表示する。

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

アストンマーチン初の電気自動車「Rapide E(ラピードE)」

「Rapide E」は現在注文を受け付け中。価格に関しては問い合わせてほしいとしている。