コンパクトスポーツ Audi「TT」シリーズが商品改良を受けた。エクステリアデザインがよりスポーティに変更されたほか、FFモデルのエンジンパワーが強化されている。

Audi「TT」シリーズ改良

今回の商品改良では、全モデルにターボ付2.0L直噴ガソリンエンジン(2.0 TFSI)が搭載された。エントリーモデルとなるFF車「Coupe 40 TFSI」では最高出力は従来比+17PS/+70Nmの197PS/320Nmに大幅アップし、パフォーマンスが改善されている。

Audi「TT」シリーズ改良

スタンダードモデル「Coupe / Roadster 45 TFSI quattro」のエクステリアでは、従来のS lineエクステリアのデザインが取り入れられた。バンパー、サイドスカート、リアディフューザーのデザインが変更されたほか、シングルフレームグリルが3Dハニカムメッシュグリルとなり、Audi R8を感じさせるスポーティなフロントフェイスとされた。

Audi「TT」シリーズ改良 ― エクステリアがスポーティに&FFモデルのエンジンパワーが大幅アップ

S lineパッケージ装着車や高性能モデルの「TTS Coupe」では、バンパー、サイドスカート、リアディフューザーのデザインが一新された。テールライト下にはエアアウトレットを模したデザインエレメントが追加されている。シングルフレームグリルは、S lineパッケージ装着車は3Dハニカムメッシュグリルに、「TTS Coupe」は専用のアルミルックインサート付きマットブラックペイント仕様とされた。

Audi「TT」シリーズ改良 ― エクステリアがスポーティに&FFモデルのエンジンパワーが大幅アップ

Audi「TT」シリーズ改良 ― エクステリアがスポーティに&FFモデルのエンジンパワーが大幅アップ

インテリアでは、従来S lineパッケージ装着車のみの設定だった、「エクステンデッドアルミニウムルックインテリア」をスタイルパッケージ(40 TFSI)やコンフォートパッケージ(45 TFSI quattro)に新設定。また、レザーパッケージに、ドアアームレストやセンターコンソールも同色となるカラーエクステンデッドレザーが新採用(45 TFSI quattro/TTS Coupe)されている。S lineパッケージ装着車ではシートをSスポーツシートに変更。表皮素材はアルカンターラとレザーの組み合わせで、ダイヤモンドステッチが配された。

Audi「TT」シリーズ改良 ― エクステリアがスポーティに&FFモデルのエンジンパワーが大幅アップ

Audi「TT」シリーズ改良 ― エクステリアがスポーティに&FFモデルのエンジンパワーが大幅アップ

ボディカラーでは新色「ターボブルー」(S lineパッケージ / TTS Coupe専用)「パルスオレンジ」「コスモブルーメタリック」が追加された。

車両本体価格はFFモデルの「Coupe 40 TFSI」が479万円。スタンダードモデルの「Coupe 45 TFSI quattro」が599万円で、「Roadster 45 TFSI quattro」が615万円。高性能モデルの「TTS Coupe」が799万円。発売日は「Coupe 40 TFSI」が5月9日、「Coupe / Roadster 45 TFSI quattro」「TTS Coupe」が6月10日に設定されている。

Audi「TT」シリーズ改良 ― エクステリアがスポーティに&FFモデルのエンジンパワーが大幅アップ