トヨタ新型「RAV4」、目標の8倍売れてるそうです

トヨタは4月10日に販売開始された新型「RAV4」の受注台数を発表した。5月15日の時点で、月販目標台数(3,000台)の約8倍となる約2万4,000台に達しているという。また購入者層は20代・30代が約4割だとしている。

トヨタ新型「RAV4」、目標の8倍売れてるそうです
新型「RAV4」受注台数
月販目標台数の約8倍となる約2万4,000台に

トヨタによれば、新型「RAV4」が高い人気を獲得したのは、SUVらしいデザインや容量580Lの広いラゲージに加え、新開発「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を含む4WDシステムによるところが大きいという。実際、購入者の約9割が4WD車を選択しているそうだ。

トヨタ新型「RAV4」、目標の8倍売れてるそうです
リヤシートを使用している状態でも容量580Lの広いラゲージ

「ダイナミックトルクベクタリングAWD」とは、走行状況に応じて後輪トルクを左右独立で制御する機構。ドライバーが狙った通りのラインを安定した車両姿勢で走行するための力強いサポートを提供する。購入者のうち「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を選んだ人は、全体の約3割(ガソリン車のうち約6割)に達する。

トヨタ新型「RAV4」、目標の8倍売れてるそうです
「ダイナミックトルクベクタリングAWD」作動イメージ

メーカーオプションでは「インテリジェントクリアランスソナー」の選択率が約8割で「ハンズフリーパワーバックドア」が約6割。「快適温熱シート+シートベンチレーション」が約6割に達した。

トヨタ新型「RAV4」、目標の8倍売れてるそうです
人気のメーカーオプション「ハンズフリーパワーバックドア」

ボディカラーでは約4割が「ホワイトパールクリスタルシャイン」を、約3割が「アティチュードブラックマイカ」を選択した。Adventureグレードでは約4割が「アーバンカーキ」(ツートーン含む)を選択している。

トヨタ新型「RAV4」、目標の8倍売れてるそうです
人気のボディカラー「ホワイトパールクリスタルシャイン」(画像左)と
「アティチュードブラックマイカ」(画像右)

トヨタ新型「RAV4」、目標の8倍売れてるそうです
Adventureグレードのテーマカラーともいえる「アーバンカーキ」