最高出力450馬力、最高速度時速181キロの「世界一速い物置小屋」

最高速度時速181キロで走る物置小屋は、英国在住のKevin Nicksさんが製作したもの。このクルマ(家?)は、「世界一速い物置小屋」としてギネス世界記録に公認されています。


物置小屋のベース車両となったのは1999年式のフォルクスワーゲンパサート。Kevin Nicksさんはこのクルマのドライブトレインを、最高出力450馬力を発揮するAudi製4.2L RS4エンジンに換装しました。駆動方式もAudi Quattroに。そしてシャシーの上に物置小屋を設置しました。これだけの大幅なカスタム(?)を実施しながら、この物置小屋は公道を走行可能なのだとか。



このカスタムされた物置小屋の最高速度は時速112.68マイル(181.34キロ)だそう。これは2018年に記録されたものだそうです。今年(2019年)5月には103マイル(165.76キロ)で走行し、Kevin Nicksさんはこのときの様子をYouTubeで公開しています。


驚きなのはこの物置小屋、宿泊もできます。小屋なので当然と言えば当然?でも時速181キロで走る小屋で眠るというのは、かなりワクワクしますね。


Kevin Nicksさんは現在も記録更新に向けて英国各地のレースに参加しています。直近ではStraightlinersが主催した「Ten of the Best(TOTB)」イベントに参加。“欧州で最高のオールラウンドカーを見つける”ことを目指したこのドラッグレースでKevin Nicksさんの物置小屋は健闘し、最高速度の更新こそかないませんでしたが、時速100マイル超えを果たしています。


(本稿中の画像、動画は、Kevin Nicksさんの許諾を得て、同氏のFacebookページ、YouTubeチャンネルから転載させて頂きました。)