ランボルギーニのモータースポーツ部門スクアドラ コルセは、スペイン・ヘレスで開催されるスーパートロフェオ ワールドファイナル 2019で新型ハイパーカーを世界初披露する。これに先立ち、ティーザー画像を1枚公開した。

6.5L V型12気筒エンジンを搭載したハイパーカーのティーザー画像をランボルギーニが公開

スクアドラ コルセが開発し、ランボルギーニのチェントロ・スティーレがデザインを担当する台数限定モデル。パワートレインには830hpを発揮する6.5L V型12気筒NAエンジンと、6速シーケンシャルXtracトランスミッションの組み合わせが採用されている。


このエンジンからのパワーを最大限に引き出すため、大胆なエアロパーツが装備された。リアには大型のウィング、ボンネットにはデュアルエアインテーク、そしてルーフにもエアスクープが装備された。

ボディ構造は、アルミフロントフレームとカーボンファイバーモノコックで構成されており、最高レベルの安全性を保証する。エンジンはスチール製ロールケージで囲まれ、ねじり剛性、曲げ剛性を最大限に高めた。

ディファレンシャルは機械式のセルフロックタイプ。ドライバーが路面状況に合わせ、最適な設定を選択可能としている。

ランボルギーニは上記ティーザー画像のほか、下記ティーザー動画も公開している。