京王電鉄では、大晦日に終夜運転を実施する。また、新宿発高尾山口行きの臨時座席指定列車「京王ライナー迎春号」を運行する。「京王ライナー迎春号」のチケット発売は12月24日朝7時から。

「京王ライナー迎春号」、12月24日販売開始

終夜運転では、京王線新宿-高尾山口駅間、新線新宿-笹塚駅間、北野-京王八王子駅間で各駅停車を概ね20-40分間隔で運行し、新宿発高尾山口行きの区間急行列車1本と都営新宿線からの高尾山口行きの急行列車1本を運行する。井の頭線渋谷-吉祥寺駅間では各駅停車を概ね30-40分間隔で運行する。


新宿発高尾山口行きの臨時座席指定列車「京王ライナー迎春号」は計4本運行するほか、終夜運転では初めて、高尾山口発新宿行き「京王ライナー迎春号」も1本運行する。

「京王ライナー迎春号」、12月24日販売開始

■電車の運転について
◆終夜運転の実施
日程:2019年12月31日から2020年1月1日
区間:
・京王線(新宿-京王八王子駅間、新線新宿-笹塚駅間、北野-高尾山口駅間)
概ね20-40分間隔で運行
・井の頭線
概ね30-40分間隔で運行

なお、2019年12月30日から2020年1月3日までの期間は、京王線、井の頭線ともに土曜・休日ダイヤで運行される。

※相模原線(調布-橋本駅間)、競馬場線、動物園線では、終夜運転は実施されない。

◆京王ライナー迎春号運行について
新宿-高尾山口駅間で臨時座席指定列車「京王ライナー迎春号」を運行。
・新宿発高尾山口行き「京王ライナー迎春号」

「京王ライナー迎春号」、12月24日販売開始

停車駅は新宿→府中→分倍河原→聖蹟桜ヶ丘→高幡不動→北野→めじろ台→高尾→高尾山口

・高尾山口発新宿行き「京王ライナー迎春号」

「京王ライナー迎春号」、12月24日販売開始

停車駅:高尾山口→高尾→めじろ台→北野→高幡不動→聖蹟桜ヶ丘→分倍河原→府中→新宿

・「京王ライナー迎春号」詳細は次の通り
使用車両:5000系車両
座席指定料金:410円(別途、乗車券が必要)
座席数:438席(満席になり次第終了)
乗車特典:迎春号を記念した京王電鉄オリジナルトレーディングカード
購入方法:

「京王ライナー迎春号」、12月24日販売開始

京王チケットレスサービスの優先予約サービスに登録していると、購入開始日の午前6時から購入可能となる。

なお、「京王ライナー迎春号」以外にも、新宿発高尾山口行きの区間急行列車1本と都営新宿線からの高尾山口行きの急行列車1本が運行される。

「京王ライナー迎春号」、12月24日販売開始