LEXUS は、11月20日から12月1日までの12日間、東京ビッグサイトで開催される第43回東京モーターショー2013において、新型スポーツクーペ RC350、RC300h を公開している。RC の発売は2014年後半を予定。

RC300h
RC300h

RC では、LEXUS ブランドの“エモーショナルな走り”のイメージをけん引するモデルとして、スポーツクーペならではの高い走行性能や、スポーティな内外装デザインを実現。

スポーティでダイナミックなサイドシルエットや、踏ん張り感を強調したホイールフレアなど、低く構えたワイドスタンスを生かした躍動的なスタイリングが特徴で、LEXUS のデザインアイコン「スピンドルグリル」や、LF-LC の意匠をモチーフにした3眼式の LED ヘッドランプのほか、L 字形状をさらに進化させたリヤコンビネーションランプなど、LEXUS 独自の個性を際立たせるデザイン要素を採用している。

ボディカラーは、新規開発色のレッド。鮮やかな発色を実現するとともに、高輝度の下地塗装やクリアー塗装など、5層におよぶ塗膜が光を反射しボディの陰影を強調する。

LEXUS ならではの技術として、車線変更時の安全運転を支援するブラインドスポットモニター(BSM)の検知距離を拡大。より遠距離から接近する車両を検知し、ドライバーに注意喚起することで安全性を向上させた。また、タッチパッドによるナビゲーション・オーディオなどの操作を可能にした新型リモートタッチを採用している。