日本トランスオーシャン航空(JTA)と沖縄美ら海水族館は昨年12月、機体にジンベエザメを大きく描いた「ジンベエジェット」を就航させた。そのタイアップ第2弾として、「ジンベエジェット」2号機を2014年1月上旬に JTA の全路線で就航させる。

JTA×沖縄美ら海水族館「ジンベエジェット」2号機デザイン
JTA×沖縄美ら海水族館「ジンベエジェット」2号機デザイン
 
底面のデザイン
底面のデザイン

1号機は沖縄美ら海水族館の人気者、ジンベエザメの「ジンタ」をイメージしたデザインだったが、今回の2号機はジンベエザメのデザインはそのままに、女の子をイメージしたさくら色の可愛らしい塗装を施し、日本一早く咲く桜として有名な沖縄・やんばる(北部地域)の「カンヒザクラ」を頭(機首)部分に飾った。

「ジンベエジェット」2号機の機材は、ボーイング737-400型機(JA8992)。すでに活躍している「ジンベエジェット」とともに、2017年12月頃まで日本の空を飛び回る。

2012年12月に就航した「ジンベエジェット」
2012年12月に就航した「ジンベエジェット」