秩父鉄道では、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」にあわせて12月3日、普通列車ならびに急行列車を臨時増発する。また、11月26日から12月3日の期間は、秩父夜祭を記念したヘッドマークを急行および SL 列車に掲出し、「秩父夜祭号」として運転する。

「秩父夜祭」にあわせて運行される「秩父夜祭号」
「秩父夜祭」にあわせて運行される「秩父夜祭号」

秩父夜祭とは、日本三大曳山祭りの1つ。毎年12月2日、3日に行われ、祭礼当日は2台の笠鉾と4台の屋台が曳行される。クライマックスは、3日夜の団子坂の屋台の曳き上げで、20トンの屋台・笠鉾がお旅所への急な坂を引き上げられる様子は圧巻だという。また、花火も秩父夜祭の見どころの1つ。今年は12月2日は19時から20時頃まで、3日は19時半から22時までの打ち上げが予定されている。

日本三大曳山祭りの1つ「秩父夜祭」
日本三大曳山祭りの1つ「秩父夜祭」


祭礼当日は2台の笠鉾と4台の屋台が曳行される
祭礼当日は2台の笠鉾と4台の屋台が曳行される


花火も見どころの1つ
花火も見どころの1つ


今回増発される臨時列車の時刻表については、秩父鉄道 Web サイトの臨時列車時刻表ダウンロードサイトから入手できる。

SL 秩父夜祭号の乗車には、普通乗車券のほかに SL 座席指定券(700円)または SL 整理券(500円)が必要。自由席の SL 整理券については、秩父鉄道 Web サイトで予約できる。
 
なお、12月2日については、臨時便の増発はない。