埼玉県、ソフトバンク・テクノロジー、Yahoo! JAPAN、ソフトバンクテレコム、IDC フロンティアは共同で、バスの運行状況がリアルタイムに分かる埼玉県バス運行状況システム「バス coi(こい)」を開発した。2013年12月20日から埼玉県上尾市と神川町で社会実験を開始するという。

バス coi とは、スマートフォンや PC、タブレット端末から、いつでも、どこからでもバス情報を確認可能にするサービス。バスの現在位置や到着予定時刻がリアルタイムに分かるので、バス待ちのイライラを解消できる。

「バス coi(こい)」スマートフォンインターフェイス例
「バス coi(こい)」スマートフォンインターフェイス例


バス coi では、バス事業者からの通知も閲覧可能で、悪天候や災害時の振り替え乗車等に役立てることができるという。

また、バスを気軽に待つための施設「バスまちスポット」にある PC やタブレット等から「のるボタン」を押すと、乗車の意思が運転手に伝わり、バスの通過を防止できる。

「のるボタン」イメージ
「のるボタン」イメージ

社会実験の対象エリアは上尾市循環バス「ぐるっとくん」6路線のすべて(2013年12月20日~2014年6月30日)と、神川町営バス2路線のすべて(2013年12月20日~2014年9月30日)。

埼玉県各地にある施設「バスまちスポット」
埼玉県各地にある施設「バスまちスポット」