富士スピードウェイは、2014年1月12日、カゴ付きお買い物用自転車(ママチャリ)による第 7 回ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権を開催する。

本大会は、国際レーシングコース(4,563m)を気軽に楽しめるイベントとして2008年にスタート。1 チーム 3~10 名のサイクリスト達が、交代しながら 7 時間耐久レースを戦い、トータルの走行周回数を競う。

参加者は本格的なサイクリストからコスプレチームまで多種多様で、本大会では約1,430 チームがエントリーし、前回の優勝チームが記録した50周(228km)が本大会にて更新されるか注目されている。

ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久
ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久

レース終了後は、日本レースプロモーションの協力により、来シーズンから導入される新型車両SF14によるスーパーフォーミュラのデモランを予定。

入場料は大人1,000円(含駐車料/中学生以下保護者同伴に限り無料)で、場内施設のピットなどを無料で利用できるほか、前夜から開放されるパドックエリアではバーベキューなどを楽しめる。

また、同日にイベント広場では地元小山町・御殿場市・裾野市の富士山世界遺産まつりが開催され、グランドフィナーレには大花火大会が予定されている。