東京都交通局は12月20日から、試験的に都営バスの終夜運行を開始する。運行ルートは渋谷駅から六本木駅間。運賃は大人400円、小児200円。毎週金曜日の深夜~土曜日の早朝限定で運行される。

都営バス、渋谷駅から六本木駅間で終夜運行開始
都営バス、渋谷駅から六本木駅間で終夜運行開始

外国人観光客が多く集まる六本木などでは、以前から安く移動可能な公共交通機関の終夜運行を望む声が多かった。今回の試験運行はこの声に応え、六本木と渋谷を繋ぐルートで実施される。停車駅は、渋谷、青山学院中等部、南青山七丁目、西麻布、EX シアター六本木、六本木。渋谷駅方面の便では、渋谷三丁目にも停車する。


バスはほぼ1時間に1本運行され、渋谷発の運行ダイヤは1時10分発、2時20分発、3時30分発、4時40分発と、覚えやすいものになっている。六本木発は1時40分発、2時50分発、4時00分発、5時10分発の4本。


バス乗り場は渋谷駅西口18番乗り場。なお、1月3日は運行されない。