小田急電鉄は、親子で電車を見て触れられるイベント「大野総合車両所 親子見学会」を3月28日に開催する。

今年で19回目となる同イベント。今回は、環境マネジメントシステムの国際基準「ISO14001」を取得した大野総合車両所での車両の検査・補修作業の様子、通勤車両の車体上げ作業の様子を見られるほか、ロマンスカー・LSE(7000形)の簡易運転台での操作などが体験できる。また、ロマンスカー・MSE(60000形)運転台で制帽を着用した記念撮影もできるという。

昨年の車体上げ作業の様子
昨年の車体上げ作業の様子

運転台を見学できる ロマンスカー・MSE
運転台を見学できる ロマンスカー・MSE

イベントは参加無料(往復の交通費は各自負担)で、参加には事前応募が必要。郵便はがきに、郵便番号、住所、参加者2名の氏名(ふりがな)、子どもの学年、電話番号を明記し、〒101-8691 日本郵便(株)神田郵便局 郵便私書箱第90号「大野総合車両所 親子見学会」係に送付して応募する。締切りは2月28日必着。応募者の中から抽選で40組・80人が招待される。