2013年の「鉄旅オブザイヤー」グランプリを、日本旅行のツアー「北陸本線100周年記念号の旅」が受賞した。同年10月13、14日に実施して好評を博したものだ。

【鉄旅オブザイヤー】 2013年は「北陸本線100周年記念号の旅」がグランプリ
【鉄旅オブザイヤー】 2013年は「北陸本線100周年記念号の旅」がグランプリ

鉄旅オブザイヤーは毎年、旅行会社が企画性やオリジナリティにこだわって作ったツアーを表彰する。今回は3回目で、2012年11月から2013年10月にかけて販売されたツアー88種類がノミネートされた。審査員は、俳優の関口知宏さんを審査委員長に、鉄道について造詣のある大学教員、新聞記者、鉄道ライターなど15人で構成している。

グランプリを獲得した「北陸本線100周年記念号の旅」は日本旅行が JR 西日本と共同企画したツアー。2013年が北陸本線全通100周年にあたることにちなみ、北陸本線の急行列車で活躍した475系国鉄色車両に、往年の急行列車のヘッドマークを装着し、敦賀~糸魚川間を運行。途中、北陸本線の主要駅に長時間停車し、その土地ならではのもてなしを楽しんだり、駅のたたずまいを見物したり、駅周辺を散策したりするという内容だ。

ちなみに2011年の鉄旅オブザイヤーグランプリは JTB 西日本の「怪奇!!トロッコ列車京都保津川2時間サスペンス」、2012年は JTB 中国四国の「長州黒かしわを味わう!長門湯本温泉 or 俵山温泉に泊まる!貸切やきとり列車の旅2日間」となっており、今回比較的落ち着いた雰囲気のツアーが選ばれたといえる。

2013年の鉄旅オブザイヤーについてグランプリ以外に目を向けると、準グランプリはクラブツーリズムの「クラブツーリズム貸切 トワイライトエクスプレス車両で稀有な刻 瀬戸の絶景・呉線「ランチクルーズ列車」の旅3日間」、ルーキー賞は北海道オプショナルツアーズの「廃線探訪シリーズ「(1)定山渓鉄道」「(2)夕張・三菱大夕張鉄道」の2本」。審査員特別賞は「ミッドナイト撮影会 in 銚子電鉄」「広田 泉さんと訪ねる 南三陸の今」の2つで、どちらも日本旅行のツアーだった。