ヤマハ発動機のスポーツモデル「MT-09」が、「iF デザインアワード」のプロダクトデザイン部門で「iFプロダクトデザインアワード2014」を受賞した。

「iF デザインアワード」は、ドイツ・ハノーファーを拠点とするデザイン振興のための国際的な組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が1953年から主催しているデザイン賞。毎年、全世界の工業製品等を対象に、コミュニケーション、プロダクト、コンセプトの3分野で優れたデザインが選定されている。2014年度は世界55か国から応募があり、プロダクトデザイン部門では1,220点が選ばれた。

「MT-09」(2014年欧州向けモデル)
「MT-09」(2014年欧州向けモデル)

2013年9月から欧州を中心に販売されている「MT-09」は、「ライダーのスロットル操作に対し、リニアなトルクを創出すること」を求める “クロスプレーンコンセプト”に基づいて開発された新設計エンジンを搭載。日常の速度域で乗り手の意思とシンクロする“意のままに操れる走りの悦び”を提唱したモデルだ。

デザインを担当した GK ダイナミックス動態デザイン部の笹浪一正(ささなみ かずまさ)室長は、今回の受賞にあたり「卓越した走行性能を極端にコンパクトな車体に凝縮するために、開発チーム一丸となって造り上げた新しいスタイリングが評価された結果だと感じています」とコメントしている。