東京急行電鉄は、Facebookページ「渋谷達人 SHIBUYA EXPERT」を開設し、2月5日から海外へ向けて渋谷の「街」の最新情報を発信する。日本語・英語・中国語(繁体字)・韓国語・タイ語の5言語で展開し、渋谷を中心とした観光名所、ショッピング、グルメ、エンターテインメント、イベントなどの情報を提供していく。

Facebook ページ「渋谷達人 SHIBUYA EXPERT」(2月4日時点)
Facebook ページ「渋谷達人 SHIBUYA EXPERT」(2月4日時点)

同ページでは、外国人旅行者の「セールや催事に合わせて渋谷へ行きたい」「今、渋谷で流行しているものを体験したい」というニーズに応え、渋谷ならではの情報をリアルタイムに提供する。

また3月からは、東急ホテルズと連携し、シンガポール、インドネシア、タイから日本を訪れる個人旅行客向けに「ビジット・シブヤ・キャンペーン」を実施予定。個人向け旅行商品にて都内の対象5ホテルのいずれかに2泊以上宿泊した人に、東急グループの商品券3,000円分を進呈するという。

同ページについて同社では、近年のインターネット予約を中心とした旅行スタイルの変化に加え、ソーシャルメディアの世界的な拡大により、観光情報の提供のあり方も、より新しく、より深い情報をリアルタイムかつ簡単な手段で提供することが求められつつあるとし、開設に至ったとしている。

東京都が発表した「平成24年度国別外国人旅行者行動特性調査」では、外国人旅行者が東京で最も訪れる街は「渋谷」とされている。東京急行電鉄によると、東急グループが渋谷で展開する「セルリアンタワー東急ホテル」「渋谷エクセルホテル東急」においても、外国人旅行者が宿泊客全体のほぼ半数まで増加しているそうだ。