旅行用に目立つ赤いゴロゴロ付きスーツケースが欲しいなぁ、と Amazon.co.jp を探していたら、「フェラーリ トローリーバッグ」なるものを見つけちゃいました。もちろん真っ赤。目立つところには、あの黄色地に黒い跳ね馬!! 5万円とか6万円してる。フェラーリらしく、価格で圧倒する作戦か?

「え、どうせどこかのパチもんでしょ」と思いきや、燦然と輝く「フェラーリ純正」の文字。それでも信じられなくて、「こういう時は一次情報に当たるのが鉄則」ということで、フェラーリの公式サイトを見てみたよ。

鉄則は一次情報に当たれ!!  敬意を表して矢印も赤  (出典:フェラーリ)
鉄則は一次情報に当たれ!!
敬意を表して矢印も赤
(出典:フェラーリ)

すると「Ferrari Store」なるリンクを発見。お値段が桁違いの車がドーンと現れるんじゃなかとドキドキしながらクリックすると、自動車メーカーとは思えない品揃えのショッピングサイトが目の前に。日本語がバタ臭いのはご愛敬。早速ゴロゴロ付きスーツケースを確認すべく、アタリをつけて「ライフスタイル」から「トラベールケース」を辿るとあっさり発見。いゃー、本当にフェラーリが売ってたんだ。ホイールもフェラーリ風。

本当にフェラーリが売ってたんだ  (出典:フェラーリ)
本当にフェラーリが売ってたんだ
(出典:フェラーリ)

品揃えが豊富なんで面白がってサイト内をウロウロしたら、ボクサーパンツ型の水着(もちろん真っ赤)とか、ビーサン(これも真っ赤)とかもある。5,000円を超えるビーサンなんて初めて見たよ。

水着やビーサンまで!!  (出典:フェラーリ)
水着やビーサンまで!!
(出典:フェラーリ)

視点をえん乗りの趣旨に戻してみるね。チャイルドシートや子供用ステアリングで英才教育ってのもアリかも。ただ、このチャイルドシートは458スパイダーに装着可能ですか?

えん乗り的な商品も  (出典:フェラーリ)
えん乗り的な商品も
(出典:フェラーリ)

5,000円のビーサンでフェラーリのオーナーになれるなら安いもんだ。ちょっと高いけれど、スーツケースなら車輪も付いているから満足感がアップするし。あ、でも、良い子は乗っちゃ駄目だよ。

ところで、ゴロゴロ付きスーツケースってトローリーバッグって言うんだ。勉強になりました。