旅行口コミサイト・トリップアドバイザーが、「液体物の機内持ち込み OK・NG の境界線」のインフォグラフィックを公開。国際線の機内持ち込み量に制限がある食べもののボーダーラインを、ひと目で分かりやすく確認できます。

水羊羹とプリンに境界有り  (提供:トリップアドバイザー)
水羊羹とプリンに境界有り
(提供:トリップアドバイザー)

国交省量的制限の対象となる液体物のリストによると、水羊羹は個体ですがプリンは液体、チーズは固体ですがバターは液体、と確かに自分では判断しにくいかも…?また、キムチや塩辛、しば漬けの梅干しも液体とみなされるそうです。

食感で運命が分かれた  (提供:トリップアドバイザー)
食感で運命が分かれた
(提供:トリップアドバイザー)

なお、量的制限の対象となる液体物を機内に持ち込むには、100ml 以下の容器に分け、1L 以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れる必要があるそうです。そこまでしてプリンを持ち込む熱意は買いますが、機内で必要となるものでない限り、やはり航空会社のカウンターで受託手荷物として預けるのが得策かもしれません。海外旅行の際は一度参考にしてみてくださいね。