大同工業は、高効率インホイールモータ搭載の世界最小クラスの4人乗り超小型電気自動車「FOMM コンセプト one(フォム コンセプト ワン)」をFOMMおよび日本特殊陶業と共同開発したと発表した。


フォム コンセプト ワンの操作は全て手で行う。バッテリーは、カセット式を採用、最大航続距離は約100km(市街地走行モード)となっており、家庭での非常用電源としても使用可能。

また、万が一の水害に備えるため、水浮上機能を装備し、ジェット水流発生機能による水面移動も可能となっている。

全長 2,495mm、全幅 1,295mm、全高 1,550mm、車両重量 460kg。ガソリン換算燃費は、リッターあたり96.7km。2015年10月の販売開始を目指す。