Honda は、「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR」の外観を変更するとともに、各部の熟成を図り、それぞれ3月20日に発売する。

「CB400 SUPER FOUR」
「CB400 SUPER FOUR」

「CB400 SUPER BOL D'OR」
「CB400 SUPER BOL D'OR」

また、「CB400 SUPER FOUR<ABS>」と「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS>」に、ETC 車載器とグリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した「CB400 SUPER FOUR<ABS> E Package」と「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS> E Package」をタイプ設定し、それぞれ5月23日に発売する。

「CB400 SUPER FOUR<ABS> E Package」
「CB400 SUPER FOUR<ABS> E Package」

「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS> E Package」
「CB400 SUPER BOL D'OR<ABS> E Package」

今回のモデルチェンジにあたっては、開発コンセプトを「CB 相伝・継承の外観進化“一人でも二人でももっと遠くへ快適に"」と定め、所有感を満たす伝統のスタイリングと、市街地走行からツーリングまでの幅広い用途で、さらに扱いやすく楽しく走行できるモデルを目指したという。

スタイリングでは、両モデルともに新デザインのサイドカバー、リアカウルなどの採用により、スタイリッシュな外観に磨きをかけた。「CB400 SUPER BOL D'OR」には、新たに LED のヘッドライトを採用した新形状のフロントカウルを装着することで、さらに精悍なスタイリングを実現している。

車体はシートレールを変更し、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。また、新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用している。

価格は「CB400 SUPER FOUR」が70万5,000円、「CB400 SUPER BOL D'OR」が79万5,000円から。