サンコーは、顔認識と瞳孔検出で居眠り運転や脇見運転を検知し、大音量のアラームで警告する「アイキャッチプリクラッシュアラーム GPS 付きモデル」を発売した。税込価格は6万9,800円。

赤外線で顔認識と瞳孔検出を行う
赤外線で顔認識と瞳孔検出を行う

同装置は、居眠り運転や脇見運転による事故を未然に防ぐ対策として世界共通特許を取得しているシステム。運転中に瞳をそらしていないか、まぶたが閉じていないかなどを分析する。眼鏡やサングラスをかけていても利用できる。

速度を設定することで、意図しないタイミングでのアラーム動作を防止できる
速度を設定することで、意図しないタイミングでのアラーム動作を防止できる

GPS 機能で車の移動速度を検出し、警告アラームと連動することで、20km/h、30km/h、45km/h の区切りで4段階の速度設定ができる。これにより、徐行運転中や一時停止中などの状況に応じて、一定の速度以下でアラームが反応しないように設定できる。また、GPS 機能で自動車両追尾システム(AVL)との連携も可能だ。

サイズは幅92×厚さ35×高さ80 mm。重さは 225g。