欧州各国では、特に都市部を中心に、自転車通勤者が急増しています。そのようなにわか自転車通勤者たちの、特に最近まで電車通勤だった人たちの悩みは、自転車にカップホルダーが付いていないこと。駅前のコーヒーショップでラテやカプチーノを買って飲む習慣を自転車通勤にも持ち込みたい人にとって、これは大問題です。

そんなにわか自転車通勤者の悩みを解決するためのグッズが、最近、欧州では続々発売されています。「Bookman Cup Holder」もそんなグッズの1つ。現在、同社のオンラインショッピングサイトで予約を受け付けています。


「Bookman Cup Holder」は、強力なクリップを利用した自転車用カップホルダー。洗濯バサミで洗濯物を挟むように、クリップでハンドルを挟むことで、自転車に取り付けます。

強力なクリップを利用した自転車用カップホルダー「Bookman Cup Holder」
強力なクリップを利用した自転車用カップホルダー「Bookman Cup Holder」

クリップ止めだと、走行中にカップが落ちたりしないの?と不安になりますが、クリップの挟力はかなりのものだそう。Bookman は、カップホルダーを取り付けた状態でハンドルを揺さぶる映像を公開していますが、これをみる限り、通常の走行でカップホルダーがずれたり、落ちたりすることはなさそうです。

ハンドルを揺さぶっても大丈夫!
ハンドルを揺さぶっても大丈夫!

会社に着いたら、「Bookman Cup Holder」は簡単に取り外すことができます。このとき、クリップが広がったままだと、カバンなどにしまうのが大変。Bookman ではこれを解決するため、パッケージに小型キューブを同梱しています。これを、ハンドル代わりにクリップに挟めば、すっきり収納できるそうですよ。

収納に便利な小型キューブ付きです
収納に便利な小型キューブ付きです

リングサイズは2種類。コーヒーのサイズがトールであってもグランデであっても、対応可能です。

小さめカップを収納した例
小さめカップを収納した例

「Bookman Cup Holder」があれば、信号待ちのときなどに、好みのコーヒーが飲めますよ。

信号が青になるまで一休み…。
信号が青になるまで一休み…。

カラ―バリエーションは、ブラック、ホワイト、グリーン、レッドの4色展開。価格は29ユーロ(約4,090円)。日本への送料が別途35ユーロ(4,900円)必要となります。

4色のカラ―バリエーション
4色のカラ―バリエーション
こんなパッケージで送られてきます
こんなパッケージで送られてきます