ドイツ在住の Carsten Riewe さんは、映画エイリアンに登場する「P-5000 パワーローダー」を模したベビーキャリーを製作した。このベビーキャリーで1歳1か月のお子さん Juna ちゃんを抱いて歩けば、まるで Juna ちゃんが「P-5000 パワーローダー」に搭乗し、操縦しているように見える。


Riewe さんは、このベビーキャリーについて、YouTube で次のように説明している。

「このベビーコスチュームは、ジェームズ・キャメロンによる映画『エイリアン』に登場する P-5000 パワーローダーからヒントを得たものだ。コスチュームを身につけても、両手両足を動かすことができる。トップライトと LED はバックパックに設置された12 ボルトのバッテリーで光る。バックパックには、Bluetooth 対応スピーカーも取り付けられており、メカニカルなロボットらしいサウンドエフェクトを鳴らすことが可能だ。私はこれを、2014年2月に地元で開催されたパレードのために製作したが、完成までには100時間かかった。1歳1か月の娘は、キャリーで抱かれ移動するのを楽しんでいた」

ベビーキャリーは、夜になると光る
ベビーキャリーは、夜になると光る

両手、両足を自由に動かすことが可能
両手、両足を自由に動かすことが可能

バックパックにはバッテリーの他、Bluetooth 対応スピーカーが取り付けられている
バックパックにはバッテリーの他、Bluetooth 対応スピーカーが取り付けられている

Juna ちゃん大喜び!?
Juna ちゃん大喜び!?

Riewe 氏は来年もこのパレードに参加するつもりだという。だが、その頃には June ちゃんは大きくなり過ぎていて、「P-5000 パワーローダー」で抱っこするのは無理だとし、次のように述べている。

「来年もパレードに参加するには、次の子どもをつくる必要があるだろうね」

参考画像:ベースとなったベビーキャリー(同タイプのもの)
参考画像:ベースとなったベビーキャリー(同タイプのもの)