ホンダの芝刈り機「Mean Mower」が、芝刈り機における世界最高スピードを記録。ギネス世界記録に認定された。同芝刈り機が今回記録したスピードは時速187.60キロ。2010年5月に認定された芝刈り機による世界最高スピードの記録を大幅に塗り替えた。


ホンダの芝刈り機「Mean Mower」が、世界最高スピードを記録
ホンダの芝刈り機「Mean Mower」が、世界最高スピードを記録

これまでのスピード記録を大幅に塗り替えた
これまでのスピード記録を大幅に塗り替えた

記録認定のためのトライアルは2014年3月8日、ギネス世界記録の審判員が見守るなか、スペインの IDIADA Proving Ground で実施された。このコースで、ホンダの芝刈り機「Mean Mower」は、これまでの世界記録である時速141.35キロを45キロ以上上回る時速187.60キロを達成した。

トライアルは、スペインの IDIADA Proving Ground で実施された
トライアルは、スペインの IDIADA Proving Ground で実施された

トライアルを監視するギネス世界記録審判員
トライアルを監視するギネス世界記録審判員

Honda Motor Europe の Kate Saxton 氏は、今回の記録達成について次のように述べている。

「Mean Mower はもともと、世界最速の芝刈り機を作りたいという信念から生まれたものだ。そしていま、それが公式に認定された。我々はギネス世界記録のタイトルを獲得できて、とてもうれしく思っている。この驚くべきエキサイティングなプロジェクトに関わったすべての人に感謝したい」

記録達成を喜びあうチームメンバーたち
記録達成を喜びあうチームメンバーたち

「Mean Mower」のエンジンには、オリジナルの HF2620 に搭載されたものよりもはるかに強力な、排気量1,000cc で109馬力のものが搭載されている。だがデザインに関しては、 HF2620 の外観から大きく変化しないよう、あらゆる努力がなされたという。例えば芝刈り機の刃のカバー部分は、外観は変更せず、素材をグラスファイバーに変更。これにより軽量化を実現した。

「Mean Mower」製作では、オリジナルの芝刈り機の外観を可能な限り維持した
「Mean Mower」製作では、オリジナルの芝刈り機の外観を可能な限り維持した

「Mean Mower」は、芝刈り機としての機能も維持している。さすがに時速187.60キロで走行しながら芝を刈るのは不可能だが、時速24キロまでであれば、走行しながらの芝刈りが可能だ。これは通常の芝刈り機の2倍以上の速度だという。

「Mean Mower」には、芝刈り機能も維持されている
「Mean Mower」には、芝刈り機能も維持されている

ホンダは、記録達成時のビデオを公開している。このビデオで「Mean Mower」が発するエンジン音を聞けば、一見レーシングマシンにも見えるこのマシンが、やはり芝刈り機だということを改めて実感できる。


ホンダの芝刈り機が、世界最高スピードを達成!