動力を持たないトライク(3輪車)で坂道を駆け下りるスポーツ「トライクドリフティング」は、2009年頃から米国やニュージーランドで流行の兆しを見せています。米国アリゾナ州に本拠を置く「Local Motors」は、このスポーツにぴったりのトライク「Verrado」を販売し、高い人気を獲得してきました。


その「Local Motors」が、電動タイプの「Verrado」を開発。現在、市販に向け kickstarter で出資者を募集中です。4月3日のキャンペーンスタート後、わずか5日で目標金額の2万ドルを上回る資金の調達に成功し、同製品の市販化を決定的なものとしています。

「Local Motors」による電動トライク「Verrado」
「Local Motors」による電動トライク「Verrado」

従来型の「Verrado」は、ドリフトしながら坂道を駆け下りるためのトライク。ペダルさえついておらず、動力は地球の「重力」だけというシンプルな乗り物です。でも利用者の中には、坂の上まで「Verrado」を持って上がるのが面倒だという人もいるのだそう。また米国の場合、坂がほとんどない地域も存在します。そのような場所でトライクドリフティングを楽しみたい場合、自動車に「Verrado」を積みこみ、坂のある場所まで移動する必要がありました。

無動力版「Verrado」では、坂を下りながらドリフトを楽しみます  ペダルすらなく、動力は地球の「重力」のみ  潔い乗り物です
無動力版「Verrado」では、坂を下りながらドリフトを楽しみます
ペダルすらなく、動力は地球の「重力」のみ
潔い乗り物です

電動タイプの「Verrado」は、この不満を解決してくれるトライク。搭載されたモーターで走行可能なため、坂の無い地域でもドリフトを思う存分楽しめます。

電動タイプの「Verrado」であれば、坂の無い地域でもドリフト走行を思う存分楽しめます
電動タイプの「Verrado」であれば、坂の無い地域でもドリフト走行を思う存分楽しめます

搭載されたバッテリーはドリフトを楽しめるよう小型軽量なもの。満充電した場合でも時間にして約45分、距離にして約20キロの走行しかできません。でも、Verrado は実用的な移動手段ではなく、あくまでスポーツのための乗り物。なので、これで十分なのだそうです。

市販開始後の価格は不明ですが、kickstarter で1,560ドル以上出資した場合、2014年6月に、「Verrado」を入手できるそうです。残念ながら、日本への発送には対応しないとのこと。

電動タイプの「Verrado」なら、平地で安全にドリフトを楽しめます  おじいちゃんも、大喜び  
電動タイプの「Verrado」なら、平地で安全にドリフトを楽しめます
おじいちゃんも、大喜び

「Verrado」の通常版(無動力版)は449.99ドル。こちらも、日本への発送は受け付けていないそうです。

無動力版「Verrado」  かっこいい!
無動力版「Verrado」
かっこいい!