ホンダは、125cc の原付二種スクーター「PCX」と、150cc の軽二輪スクーター「PCX 150」をフルモデルチェンジ。PCX を4月24日、PCX150 を5月16日に発売する。


ホンダが「PCX」と「PCX 150」をフルモデルチェンジ
ホンダが「PCX」と「PCX 150」をフルモデルチェンジ

PCXを4月24日、PCX150 を5月16日に発売する
PCXを4月24日、PCX150 を5月16日に発売する

スタイリングは、両車種ともに、ヘッドライト、テールランプ、ウインカーランプ、ライセンスランプに LED を採用。新設計のフロント・リアカウルの採用などで、さらにスタイリッシュで高級感のある外観となっている。

ヘッドライトには LED を採用
ヘッドライトには LED を採用

テールランプ、ウインカーランプにも LED を使用している
テールランプ、ウインカーランプにも LED を使用している

エンジンは、スクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」を一部改良。低・中速域の力強いトルク特性とすることで、燃費性能の向上を実現している。停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑止するアイドリングストップシステムも継続して搭載する。

アイドリングストップシステムも搭載される
アイドリングストップシステムも搭載される

車体・足回りは、両車種ともに、従来モデル同様の大径14インチタイヤを前後に採用。リアタイヤには、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用し、燃費性能の向上を図っている。

足回りには、14インチタイヤを採用
足回りには、14インチタイヤを採用

装備面では、両車種ともに燃料タンク容量を従来モデルの5.9リットルから8.0リットルに増加し、給油の頻度を低減し、航続距離を高めた。

カラーバリエーションは、両車種ともにそれぞれ新色3色を設定。PCX には「キャンディーノーブルレッド」「ポセイドンブラックメタリック」「パールジャスミンホワイト」の3色を、PCX 150 には「マットテクノシルバーメタリック」「ポセイドンブラックメタリック」「パールジャスミンホワイト」が用意されている。

カラ―バリエーションの1つ「キャンディーノーブルレッド」
カラ―バリエーションの1つ「キャンディーノーブルレッド」

メーカー希望小売価格は、PCX が32万9,400円。PCX 150 が36万720円。

 グローブボックスには、スマートフォンなどを充電できる  アクセサリーソケットが装備される
グローブボックスには、スマートフォンなどを充電できる
アクセサリーソケットが装備される