マツダは2014年4月16日、「Mazda MX-5(日本名:マツダロードスター)」の誕生25周年を記念した特別仕様車『Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition』を、「ニューヨーク国際自動車ショー」で世界初公開する。また「MX-5」の次期モデルに採用する新開発「SKYACTIV(スカイアクティブ)シャシー」も、合わせて公開する。

マツダ、特別仕様車『Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition』を発表
マツダ、特別仕様車『Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition』を発表

「MX-5」は1989年の発売以来、国や文化、世代を超えた支持を集め続けているライトウェイトスポーツカー。累計生産台数は94万台を超え「2人乗り小型オープンスポーツカー販売台数世界一」として、ギネス世界記録に認定されている。

「MX-5」は、ギネス世界記録に認定されている
「MX-5」は、ギネス世界記録に認定されている

今回公開される『Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition』は、電動ルーフを採用した「パワーリトラクタブルハードトップ車(6MTおよび6AT)」をベースに、ソウルレッドプレミアムメタリックの外板色、ルーフ・A ピラー・ドアミラーのブラック塗装、オフホワイトのレザーシートおよびドアトリム、手塗り仕上げのインテリア装飾パネル、ビルシュタイン社製ダンパー等を採用した特別仕様車。各部に「こだわり」を反映した仕上げとなっている。

ベース車両は「パワーリトラクタブルハードトップ車」  ボディはソウルレッドプレミアムメタリックに  ルーフ、A ピラー、ドアミラーはブラックに塗装される
ベース車両は「パワーリトラクタブルハードトップ車」
ボディはソウルレッドプレミアムメタリックに
ルーフ、A ピラー、ドアミラーはブラックに塗装される

レザーシートおよびドアトリムはオフホワイト
レザーシートおよびドアトリムはオフホワイト

インテリア装飾パネルは手塗り仕上げ
インテリア装飾パネルは手塗り仕上げ

次期「MX-5」に採用され新開発「SKYACTIV シャシー」も、本日公開される。展示は、エンジンとシャシーを組み合せたもので、SKYACTIV 搭載車初となるフロントミッドシップエンジンと後輪駆動のレイアウトを示している。歴代 MX-5 の中で最もコンパクトなレイアウトを実現しながら、エンジンをさらに中央寄りに配置するとともに、低重心化を図っている。車両重量は現行モデル比で100kg以上の軽量化を目指すという。