プジョーは、同社のダカールラリーカー「2008 DKR」の画像を公開した。同社はこの「2008 DKR」で、2015年1月に開催される「ダカールラリー」に臨む。

プジョーが公開したダカールラリーカー「2008 DKR」
プジョーが公開したダカールラリーカー「2008 DKR」

プジョーは1987年から1990年にかけ、ダカールラリーで4連覇を果たしている。プジョーチームがラリーに持ち込んだ「205ターボ16」は、本来は WRC 向けのマシン。他メーカーの車両に比べ、決してタフとはいえないものだった。だがチームは盤石のサポート体制で臨み、ゴールから翌日のスタートまでの間に「205ターボ16」のメンテナンスを完璧に実施することで優勝を勝ち取る。この手法は、他のメーカーにも大きな影響を与えたといわれている。

プジョーが1987年のダカールラリーに投入した WRC カー「205ターボ16」
プジョーが1987年のダカールラリーに投入した WRC カー「205ターボ16」

今回発表された「2008 DKR」は、プジョーがダカールラリーに25年ぶりに参戦するためのラリーカー。クロスオーバーカ―「プジョー 2008」をベースとしている。プジョーブランド CEO のマキシム・ピカ氏は、「プジョーは『2008 DKR』でダカールラリー優勝を目指す」と語っている。

ベースモデルとなったクロスオーバーカ―「プジョー 2008」
ベースモデルとなったクロスオーバーカ―「プジョー 2008」

「2008 DKR」は、プジョー2008より逞しさを増している
「2008 DKR」は、プジョー2008より逞しさを増している

ベースモデルにはあった後部ドアは、「2008 DKR」からは取り外された
ベースモデルにはあった後部ドアは、「2008 DKR」からは取り外された

プジョーは「2008 DKR」でダカールラリー優勝を目指す
プジョーは「2008 DKR」でダカールラリー優勝を目指す

「2008 DKR」の詳細は、4月20日の北京モーターショーで発表される予定。