ホンダは、「フリード」シリーズをマイナーチェンジし、4月17日発売した。エクステリア、インテリアデザインをよりスタイリッシュに刷新し、快適装備を追加しながらも、買い得感のある価格設定としている。

ホンダ、「フリード」シリーズをマイナーチェンジ  (写真は「フリード ハイブリッド」)
ホンダ、「フリード」シリーズをマイナーチェンジ
(写真は「フリード ハイブリッド」)

エクステリアでは、フロントグリルとフロントバンパーガーニッシュのデザインを変更。リアコンビネーションランプのブレーキ発光面を赤色に変更している。

リアコンビネーションランプのブレーキ発光面を赤色に変更
リアコンビネーションランプのブレーキ発光面を赤色に変更

インテリアでは、「フリード」および「フリード ハイブリッド」に、シートとドアライニング、インパネ加飾を明るいシナモンカラーにコーディネートした内装色をタイプ別に新設定した。

新たな内装色が設定された
新たな内装色が設定された

快適装備としては、すべてのグレードに紫外線を99%カットする「スーパー UV カット フロントドアガラス」と、スギ花粉やダニなどのアレルゲン物質を抑制する「アレルクリーンシート」を標準で搭載。G を除くグレードには、プラズマクラスター技術を備えた「フルオート・エアコン」も装備されている。

「スーパー UV カット フロントドアガラス」と「アレルクリーンシート」を標準装備
「スーパー UV カット フロントドアガラス」と「アレルクリーンシート」を標準装備

ハイブリッドモデルのフルホイールキャップは、レイヤードフィンタイプに変更された。

ハイブリッドモデルに装備されたレイヤードフィンタイプのホイールキャップ
ハイブリッドモデルに装備されたレイヤードフィンタイプのホイールキャップ

メーカー希望小売価格は、CVT を搭載した 2WD の「フリード G エアロ」が216万円、「フリードスパイク ハイブリッド ジャストセレクション」が238万円。

「フリード G エアロ」
「フリード G エアロ」