パナソニック サイクルテックは、幼児2人同乗が可能な電動アシスト自転車「ギュット・ミニ・DX」の新モデルとして、子ども服を手がけるアパレルブランド「maarook(マルーク)」とコラボレーションした「ギュット・ミニ・DX(マルークコラボレーションモデル)」を5月下旬に数量限定で発売する。税別メーカー希望小売価格は14万円。カラーバリエーションは3色で、各色500台、合計1,500台のみの販売となる。

ギュット・ミニ・DX(マルークコラボレーションモデル)  「ピンク×ソーダ」
ギュット・ミニ・DX(マルークコラボレーションモデル)
「ピンク×ソーダ」

「ギュット・ミニ」シリーズは、20型の小径タイヤを採用することで、子どもの乗せ降ろしを容易にするとともに、低重心設計で走行安定性を実現。また、夫婦で共有しやすいスタイリッシュなデザインが特徴という。特にギュット・ミニ・DX は、片手で装着可能な巻取り式シートベルトの付いた新型チャイルドシートを採用するなど、利便性を高めている。

今回コラボレーションする maarook は、神戸発の「子供服+おとな服」アパレル ブランド。子育て層に人気があるそうで、その世界観を「ドット&ボーダー」デザインで表現して ギュット・ミニ・DX のフレームに施す。デザインは、バイカラー「M:ピンク×ソーダ」「F:ブラック×ホワイト」「V:(マットカラー)ネイビー×ライム」の3種類。

カラーバリエーション  「ブラック×ホワイト」
カラーバリエーション
「ブラック×ホワイト」

カラーバリエーション  「ネイビー×ライム」
カラーバリエーション
「ネイビー×ライム」

チャイルドシート用クッションも maarook オリジナル デザイン。さらに、別売品の後ろ用チャイルドシートに装着できる、フレームカラーに合う限定着せ替えシートカバーが付属する。

フレームカラーに合わせた付属品  上:チャイルドシート用クッション  下:着せ替えシートカバー
フレームカラーに合わせた付属品
上:チャイルドシート用クッション
下:着せ替えシートカバー

なお、パナソニック サイクルテックは、ギュット・ミニ・DX のほか「ギュット・アニーズ」「ギュット・DX」などの「ギュット」シリーズ自転車の試乗会を明日からゴールデンウィークにかけて横浜、大阪、東京で順次開催する。各会場では、発売前のマルークコラボレーションモデルも体験できる。試乗会の開催場所や時期は以下の通り。

【横浜(HAPPY MEETS×ママまつり2014年)】
・日付:4月24日
・場所:横浜大さん橋ホール

【大阪(HAPPY MEETS×ママまつり2014年)】
・日付:5月10日、11日
・場所:大阪湊町リバープレイス

【東京(ゴールデンウィークイベント)】
・日付:4月26日、27日、29日、5月3日~6日
・場所:パナソニックセンター東京ピアッツア