自転車用ヘルメットの欠点は、デザインがちょいと気恥ずかしいところ。走る気満々のときは良いのですが、自転車通勤で使うときには着用をためらってしまうことがあります。通勤時でなくても、おしゃれな装いには似合いません。

クロスカ」は、この問題を解決してくれる…かもしれないヘルメット。NicoRide が正規輸入発売を4月28日から開始します。


ヘルメットに見えないヘルメット「クロスカ」
ヘルメットに見えないヘルメット「クロスカ」

カジュアルな服装にもフィットします
カジュアルな服装にもフィットします

「クロスカ」は、スペイン生まれの自転車用ヘルメット。従来の製品とは、2つの点が大きく異なっています。1つ目はヘルメットが折り畳み可能な点。折り畳むと、高さが1/3程度になるのでビジネスバッグにも収納できます。これにより「ヘルメットを何処に置く?」という街乗りサイクリストの悩みを解決します。

「クロスカ」は、折り畳み可能
「クロスカ」は、折り畳み可能

薄めのバッグにも収納できます
薄めのバッグにも収納できます

2つ目は、カバーの着せ替えが可能な点。シーンに合わせてカバーのデザインを選択できるので、通勤と休日で異なるカバーを楽しめます。

シーンに合わせたデザインのカバーを選択可能
シーンに合わせたデザインのカバーを選択可能

「クロスカ」のカバーには、「ダックビル・タイプ」と「キャップ・タイプ」があり、どちらのタイプも、3つのカラーから選択可能になっています。ラインナップは、「ダックビル・グレー」「ダックビル・レッド」「ダックビル・レッドチェック」、「キャップ・デニム」「キャップ・マスタード」「キャップ・ブラック」の全6色で、サイズは、「S(53.5cm から 56.5cm)」「M(56cm から 59cm)」「L(58.5cm から 61.5cm)」の3サイズ。

「ダックビル・タイプ」は、「ダックビル・グレー」「ダックビル・レッド」「ダックビル・レッドチェック」の3色から
「ダックビル・タイプ」は、「ダックビル・グレー」「ダックビル・レッド」「ダックビル・レッドチェック」の3色から
「キャップ・タイプ」は、「キャップ・デニム」「キャップ・マスタード」「キャップ・ブラック」から選択できます
「キャップ・タイプ」は、「キャップ・デニム」「キャップ・マスタード」「キャップ・ブラック」から選択できます

希望小売価格は、ヘルメット本体+カバーのセットが11,500円で、カバー単品が4,500円となっています。