三菱自動車は、コンパクト SUV「RVR」をマイナーチェンジ。燃費性能や内外観の質感向上など一部改良を施し、4月25日販売を開始した。メーカー希望小売価格は、標準車 E グレードの 2WD モデルが191万1,600円で、特装車「ROADEST」G グレードの 4WD モデルが280万440円。

マイナーチェンジを受けた RVR
マイナーチェンジを受けた RVR

今回のマイナーチェンジでは、ギヤ比幅を拡大した CVT を採用。加速性能を向上させつつ、燃費を約5%向上させた。2WD 車の年譜は、リッターあたり16.6km を実現している。その他、電動パワーステアリングとサスペンションの設定を最適化し、操縦安定性と乗り心地を向上させた。

CVT のギヤ比幅を変更し、加速性能と燃費向上を両立
CVT のギヤ比幅を変更し、加速性能と燃費向上を両立

エクステリアでは、フォグランプ周囲に LED デイライトを組み込んだ。フロントフェンダーに取り付けられていたサイドアンダーミラーは、ドアミラー一体型に変更されている。

フォグランプ周囲に LED デイライトを組込み  サイドアンダーミラーは、ドアミラー一体型に変更
フォグランプ周囲に LED デイライトを組込み
サイドアンダーミラーは、ドアミラー一体型に変更

カラ―バリエーションとしては、「ライトニングブルーマイカ」を新規設定。その他、アルミホイールが新デザインのものに変更されている。

新設定された「ライトニングブルーマイカ」
新設定された「ライトニングブルーマイカ」

インテリアでは、「E」「M」グレードでは「カーボン調」、「G」グレードでは「ピアノブラック調」のセンターパネルを採用。上質感を高めている。

「G」グレードで採用された「ピアノブラック調」センターパネル
「G」グレードで採用された「ピアノブラック調」センターパネル