米国ロサンゼルスの Null Winds Technology は、取り付けると最大20%スピードアップできるホイールカバー「Upper Wheel Fairings」を開発した。市販化に向け、現在クラウドファンディングサイト kickstarter で出資者を募集している。資金の調達に成功した場合、2014年の9月頃から販売を開始する予定だ。


「Upper Wheel Fairings」は、ロードバイクのホイールに“革命を起こす”製品。ホイールに取り付けるだけでロードバイクの空力特性を改善するという。同社の Web サイトには次のようにある。

「車輪付きの乗り物では、ホイール表面上部を覆わないと、空気抵抗が非常に高くなる。実際、ホイール上部がむき出しになっている乗り物は、空気力学的には不利なのだ。だが、我々の開発した『Upper Wheel Fairings』を取り付ければ、自転車はより空力特性の高い乗り物に生まれ変わることができる」

『Upper Wheel Fairings』を取り付ければ、自転車は空力特性の高い乗り物に生まれ変わる
『Upper Wheel Fairings』を取り付ければ、自転車は空力特性の高い乗り物に生まれ変わる

同社の Garth Magee さんは、自転車ホイールの最上部での空気抵抗は、向かい風の風速の3倍になると主張する。これはタイヤとスポークが、自転車のスピードのおよそ2倍の速度で、前方から吹いてくる風に向かって回転しているからだという。向かい風の風速が大きければ大きいほど、そして自転車のスピードが速ければ速いほど、空気抵抗も大きなものとなる。

自転車ホイールの最上部での空気抵抗は、向かい風の風速の3倍になる
自転車ホイールの最上部での空気抵抗は、向かい風の風速の3倍になる

『Upper Wheel Fairings』は、スポークが進行方向とは逆向きに起こす風をブロックする。これにより、同じパワーでペダルを漕いだ場合の自転車の速度を、3%から20%速くできると、Magee さんは述べている。

『Upper Wheel Fairings』を取り付ければ、3%から20%速く走行できる
『Upper Wheel Fairings』を取り付ければ、3%から20%速く走行できる

Magee さんによる解説を読むと、『Upper Wheel Fairings』を装着すれば、速く走れそうな気がしてくる。だが、『Upper Wheel Fairings』を取り付けることで、重量は増加しているはずだ。それでも本当に速くなるのかについては、疑問も残る。

見たところ、『Upper Wheel Fairings』はそれほど重くはなさそうだが…
見たところ、『Upper Wheel Fairings』はそれほど重くはなさそうだが…

『Upper Wheel Fairings』の価格は280ドル前後、日本への送料は55ドル程度になる見込みだ。販売開始されたら、取り付けて試してみるのも一興かもしれない。

3万円ちょっとで速くなるなら、安い?
3万円ちょっとで速くなるなら、安い?