ルノー・ジャポンは5月22日、新型「ルノー ルーテシア」の内外装に、ルノー伝統のレーシングスピリット溢れるデザインを採用した「ルノー ルーテシア パック スポール」を数量限定で販売開始する。


新型ルノー ルーテシアは、ルノーによる小型乗用車。2.0L エンジンに匹敵する性能を発揮する「1.2L 直噴ターボエンジン」、2組のクラッチシステムでスムーズかつ効率良く出力を伝える「エフィシエントデュアルクラッチ」が搭載されている。

今回発売される「パック スポール」は、「ルノー ルーテシア ゼン」をベースに、ルノー伝統のレーシングデザインを融合させた、レーシングスピリット溢れる限定車となっている。

「ルーテシア ゼン」に、レーシングデザインを融合させた「パック スポール」
「ルーテシア ゼン」に、レーシングデザインを融合させた「パック スポール」

「パック スポール」では、ボンネット、ルーフ、ドアに専用「SPORT」デカールが装着される。これは、ルノー伝統のレーシングデザインを最新のルノーに合わせてリデザインしたもの。サイドモールにはクロムフィニッシャーを装着し、ホイールには16インチブラックアロイホイールを採用した。

ボンネット
ボンネット

ルーフ
ルーフ

ドアには、専用「SPORT」デカールを装着
ドアには、専用「SPORT」デカールを装着

ホイールは、16インチブラックアロイホイールを採用
ホイールは、16インチブラックアロイホイールを採用

インテリアでは、ステアリングとエアコンフィニッシャーに、ブラック&イエローの「パック デザイン スポール」を装着している。

ステアリングには、ブラック&イエローの「パック デザイン スポール」を装着
ステアリングには、ブラック&イエローの「パック デザイン スポール」を装着

「パック デザイン スポール」には、エアコンフィニッシャーにも
「パック デザイン スポール」には、エアコンフィニッシャーにも

販売台数は「ジョン エクレール」が30台で、「ノワール エトワール M」が20台(合計50台)。希望小売価格は、226万5,000円。