ビーズは、同社の自転車ブランド「DOPPELGANGER」から、振動感知式アラームシステムを内蔵した自転車用ロック「ウルトラアーマードアラームロック DW-06」を発売した。希望小売価格は税抜き4,700円。

法で定められた自動車の近接排気騒音の上限が「96デシベル以内」だという
法で定められた自動車の近接排気騒音の上限が「96デシベル以内」だという

同製品は振動感知センサーを備えたアラームシステムを搭載し、大きな振動が加わると警告アラームがまず短く鳴る。そのまま振動を与え続けると、最大96デシベルの警告音を鳴らす。アラームはボタンひとつで設定/解除が可能だ。

タイヤとダウンチューブを楽にロックできる長さだ
タイヤとダウンチューブを楽にロックできる長さだ

ケーブル部分は、直径 22mm のスチールリンク+スチールワイヤの二重構造となっており、容易には切断できない強靭さだという。外装には柔軟な樹脂製のカバーを使用しており、しなやかにケーブルを扱える。ケーブルの長さは 1,200mm で、地面に固定された構造物と自転車をロックする「地球ロック」も可能だ。

身体に巻き付けて走行することも可能
身体に巻き付けて走行することも可能

ほかにも、自転車の夜間走行中身体に巻き付けて運ぶことを想定して外装に反射プリントを施したうえ、ジョイント部でケーブルが外れている状態ではキーが抜けない「キーホールドシステム」や、キーホールへの異物の進入を防ぐをキーホールシャッターなど、安全性も考慮されている。

紹介ビデオ