日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は、米国のホノルル空港で、眼鏡型ウェアラブルデバイス「Google Glass」などを航空機の整備や貨物の搭降載作業に活用する実証実験を開始した。効率的で確実な作業を行う「先進的な業務スタイル」を追求するという。

Google Glass を装着した整備士
Google Glass を装着した整備士

Google Glass
Google Glass

同実験では、ウェアラブルデバイスのカメラ機能や情報伝達機能を生かし、JAL の本社スタッフが遠隔地の実務スタッフを情報支援する。また、実務スタッフにハンズフリー環境を提供することで、現場作業の効率向上や負担軽減を図るという。

NRI は、企業と共同で新サービスの創出を目指す「NRI 未来ガレージ」の一環として参加。実際の空港の現場に必要なユーザーインターフェイスの最適化などを進め、より安全な運航管理業務とサービスの実現を目指す。

グローブ型ウェアラブルデバイスのイメージ
グローブ型ウェアラブルデバイスのイメージ

さらに、今後は Google Glass と連動して操作できるグローブ型ウェアラブルデバイスなどの活用も検討するという。