東京地下鉄(東京メトロ)は、6月21日より半蔵門線でダイヤ改正を実施する。主に平日の朝ラッシュ時と夕~夜間時間帯での列車増発により、混雑緩和と利便性向上を図る。

清澄白河~押上駅間がますます便利に
清澄白河~押上駅間がますます便利に

具体的には、9時台~10時台にかけて、清澄白河行き3本を押上行きに延長することにより、清澄白河~押上駅間を3本増発。また、16時台~22時台にかけて清澄白河行き30本を押上行きに変更することにより、清澄白河~押上駅間を30往復増発する。

さらに、16時台に渋谷~押上駅間で1本、22時台に押上~渋谷駅間で1本増発して混雑緩和を目指す。

なお、平日と土曜・休日共通で、一部の列車の行先および運転時刻も変更する予定。今後の詳細は東京メトロ Web サイトなどで順次アナウンスするそうだ。