日産は、「スカイライン」のラインナップにターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した「スカイライン 200GT-t」を追加。6月5日より発売する。

ターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した「スカイライン 200GT-t」
ターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した「スカイライン 200GT-t」

新エンジンの追加により、「スカイライン」のパワートレインは、ハイブリッドに加え2種類となる。「スカイライン 200GT-t」は、ハイブリッド車で好評を博しているデザインや「全方位世界最高峰の安全性能」はそのままに、力強く、低燃費で軽量な「次世代ターボチャージャー付ガソリンエンジン」の走りを実現する。


今回搭載したターボチャージャー付ガソリンエンジンは、排気量をダウンサイズし燃費性能の向上を図りながら、クラストップレベルの動力性能(最高出力211PS)を実現した。排気量を抑えながら、ノンターボ2.5L エンジンに匹敵する力強さと加速性能を発揮する。



エンジンと併せて開発したオートマチックトランスミッションは、各速度のギヤ比を近づけることでよりスムーズで高効率な変速を実現。アクセルを踏み込んだ際に素早くダウンシフトする優れた変速レスポンスにより、伸びやかで途切れのない加速が得られる。


環境性能としては、「アイドリングストップ」「直噴ガソリン機構」「可変バルブタイミング」「電動油圧パワーステアリング」「充電制御」などを採用。燃費は前型スカイラインと比べて約20%向上した。全車「平成27年度燃費基準」を達成し、減税措置が適用される。


価格は、マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速オートマチックトランスミッションを搭載した「200GT-t Type SP」で、456万8,400円。