世界中で親しまれている「きかんしゃトーマスとなかまたち」。1980年代にイギリスで生まれた絵本「汽車のえほん」シリーズをもとにした、働き者の人面汽車が活躍する作品だ。その主人公・青い機関車トーマスの中身を予想した落書きが、T シャツとなって英国で発売された

Twitter に投稿した落書きが T シャツに!?
Twitter に投稿した落書きが T シャツに!?

ことの発端は、2014年4月、日本のとある Twitter ユーザーが投稿した1枚の落書きだった。ゆいさん(@yuiabe)が「昔のノートから変な落書き出てきた…このときの自分には何が起きていたんだろう」とのコメントとともに投稿したのは、トーマスの中身予想を描いた2枚のイラスト。

1枚は、トーマスの顔がある部分に“顔”をはめ、青い車体の中で体を折りたたんだ人を斜め前から描いたもの。もう1枚は、車体を横から描いたもので、同じく顔を出した人の足が、車体の後部から飛び出している。

ふとした投稿が…

この投稿は瞬く間に拡散された。これが英国の T シャツメーカー「Bottle Of Smoke」の目にとまり、「ぜひ T シャツにしないか!?」と連絡がきたというのだ。6月17日、ゆいさんはその経過を T シャツの写真とともに Twitter で報告している。

落書きそのままのプリントだ

T シャツは、6月19日から同社の Web サイトで販売されているそう。日本からも購入できるようだ。シュールでジワジワ笑いがこみあげてくるこの T シャツ、ぜひとも手にしたいものである。でも子どもたちには、本家のトーマス以上にトラウマを与えてしまうかもしれない。