鹿児島県薩摩川市のせんだい宇宙館は、アニメーション作品「宇宙戦艦ヤマト2199」を題材にした科学企画展「宇宙戦艦ヤマト2199~大マゼランへの旅~」を7月19日から9月15日に開催する。同作品で「科学」を題材にした企画展は全国初。

企画展のイメージ
企画展のイメージ

同企画展では、宇宙戦艦ヤマト2199で科学考証を担当した鹿児島大学理学部教授、半田利弘氏の全面監修のもと、作品の世界を形作る「宇宙」との関連性を生かした展示を展開する。作品内で実際に登場するシーンや科学技術を、現代科学の観点から捉えて解説するという。また、8月30日には半田氏による講演会「宇宙戦艦ヤマト2199で宇宙を語ろう!」も開催する。グッズの販売コーナーも設ける予定だという。

入場者プレゼントの特製ポストカードデザイン
入場者プレゼントの特製ポストカードデザイン

入館料は大人500円、小/中学生300円。未就学児は無料だ。開館時間は午前10時から午後9時までで、休館日は毎週月曜日。入場者の先着3,000名には、特製ポストカードをプレゼントする。

なお、2014年は「宇宙戦艦ヤマト」のテレビシリーズ第1作から40周年を記念して、今後もさまざまな企画が予定されているという。今年の晩秋には、新作の映画「宇宙戦艦ヤマト2199 劇場版」が公開する。