米国の自転車メーカー Trek Bicycle(トレック・バイシクル)が、超軽量ロードバイク ラインナップ「Emonda(エモンダ)」をリリースした。なかでも最も軽いフラグシップ モデル「Emonda SLR 10」の完成車重量はわずか 4.65kg。

Emonda SLR 10  完成車重量はわずか 4.65kg  (出典:Trek)
Emonda SLR 10
完成車重量はわずか 4.65kg
(出典:Trek)

5kg を切るとはとにかく軽い。はっきり言って、筆者の飼い猫よりも軽い。軽さの秘密はやはりカーボン フレーム。もちろん、それ以外のあらゆるパーツが軽量化を意識して選ばれた。例えば、Emonda SLR 10 の採用したダイレクトブレーキマウントは、ブレーキ性能が向上すると同時に、軽量化にも貢献している。

うちの猫より間違いなく軽い
うちの猫より間違いなく軽い

編集部の自転車乗りに聞くと、「自転車は軽ければ軽いほどいい。特に上り坂で差が出る」とのこと。確かに、10kg 超のバイクに乗るのは、Emonda SLR 10 に 5kg のダンベルを括り付けているようなものだからね。

上り坂で差が出るよ  (出典:Trek)
上り坂で差が出るよ
(出典:Trek)

こんなことも楽々  (出典:Trek)
こんなことも楽々
(出典:Trek)

最後にこっそり書くけれど、税込みメーカー希望小売価格は159万円とのこと。

もう買えます  (出典:Trek)
もう買えます
(出典:Trek)