ホンダは8月1日、250cc の新型ロードスポーツモデル「CB250F」を発売する。


「CB250F」の開発コンセプトは「ニューライトシングルネイキッド」。たくましくダイナミックなネイキッドスタイルと、レスポンス性に優れ力強い出力特性の単気筒エンジンなどの採用でこれを実現した。

「CB250F」の開発コンセプトは「ニューライトシングルネイキッド」
「CB250F」の開発コンセプトは「ニューライトシングルネイキッド」

スタイリングは、アスリートのように絞り込まれた「ストリートファイタースタイル」。V 字シェイプのヘッドライトとシャープなフロントカウルが精悍なフロントスタイルを形成するとともに、フューエルタンク部のシュラウドとアンダーカウルの採用によって、たくましく軽快なイメージとなっている。

V 字シェイプのヘッドライトとシャープなフロントカウルが  精悍なフロントスタイルを形成
V 字シェイプのヘッドライトとシャープなフロントカウルが
精悍なフロントスタイルを形成

たくましく軽快なイメージ
たくましく軽快なイメージ

エンジンは、「CBR250R」にも搭載された水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ単気筒250cc を搭載。60km/h 定地走行テスト値で50.1km/L という良好な燃費性能を実現した。

エンジンは、「CBR250R」にも搭載された単気筒250cc
エンジンは、「CBR250R」にも搭載された単気筒250cc

サスペンションは、フロントにテレスコピックタイプを、リアには5段階調節のプリロードアジャスターを備えたプロリンクを採用。ハンドルには、CB250F 専用のバーハンドルを採用し、アップライトなライディングポジションにより、市街地での取り回しやすさに配慮した設計にしている。

メーターは、バーグラフ表示のタコメーターや燃料計、時計などさまざまな情報を液晶ディスプレイで表示する、視認性に優れた多機能なデジタルメーターを採用した。

視認性に優れた多機能なデジタルメーター
視認性に優れた多機能なデジタルメーター

車体色には、クールで精悍なイメージの「ブラック」と、アグレッシブなイメージの「ミレニアムレッド」の2種類を設定している。

クールで精悍なイメージの「ブラック」
クールで精悍なイメージの「ブラック」

アグレッシブなイメージの「ミレニアムレッド」
アグレッシブなイメージの「ミレニアムレッド」

メーカー希望小売価格は、CB250F が46万4,400円。CB250F<ABS> が51万5,160円。