上海問屋は、自転車のハンドルにデジカメを装着できるカメラマウントを販売開始した。同社のオンラインストアで購入できる。価格は499円だが、別途送料が必要。

上海問屋のカメラマウント
上海問屋のカメラマウント

同製品は自転車のハンドルバーに取り付けられるカメラマウント。カメラネジの部分にデジカメを装着すれば、走行中の模様を動画で撮影し、サイクリングの記録を残すことができる。デジカメをドライブレコーダー代わりに使用し、万一の事故に備えることも可能だ。

カメラネジの部分にデジカメを装着する
カメラネジの部分にデジカメを装着する

このカメラマウントの特徴は、取り付けにベルクロテープを使用する点。他のカメラマウントに比較して、取り付けが簡単というメリットがある。また、自転車のハンドル以外にも、いろいろな場所に取り付けて使用することが可能だ。

取り付けにはベルクロテープを使用する
取り付けにはベルクロテープを使用する

自転車のハンドル以外にも、取り付け可能
自転車のハンドル以外にも、取り付け可能

だが、ベルクロテープの使用には、欠点もある。ネジやクランプで固定するタイプと比較すれば、振動に弱いのは否めないだろう。道路状況やカメラの手ブレ防止機能の優劣によっては、走行時の動画がブレてしまうかもしれない。また、段差を越えたときなどの衝撃でカメラが大きく動き、故障の原因となる可能性もある。利用には注意が必要だ。

サイズは縦40×横68×厚11ミリで、重さは25グラム。耐荷重は最大500グラムとなっている。