イタリアのオートバイ ブランド「Vespa(ベスパ)」の新型スクーター「Vespa Sprint 150(ベスパ スプリント 150)」が、ピアッジオ グループ ジャパンから発売された。ベスパらしい丸みを帯びたボディに伝統的な角形ヘッドライトを組み合わせつつ、新デザインのホイールを採用し、「よりスタイリッシュな存在感」を放つそうだ。ボディ カラーは「ドラゴンレッド」「ミッドナイトブルー」「モンテホワイト」の3色。車両本体の税込みメーカー希望小売価格は45万4,000円。

Vespa Sprint 150  (出典:ピアッジオグループジャパン)
Vespa Sprint 150
(出典:ピアッジオグループジャパン)

この Vespa Sprint 150 が搭載した角型ヘッドランプは、1963年発売の「Vespa GL」に初装備された伝統的なもの。同時に、強力な 150cc 3バルブの4ストローク空冷単気筒エンジン、電子制御式の燃料噴射システム、新設計のサスペンションにより、都市部でのゆとりある走行をライダーに提供する最新スポーティ スクーターとなった。しかも、燃費は1リットル当たり 64km あり、同カテゴリー内で最高クラスだそうだ。

また、ホイールベースを従来モデルより長い 1,340mm にすることで、走行時の快適性を向上させた。スモール ボディ モデル初の12インチ ホイールも、安全性と運動性を高めることに貢献している。

サイズは、全長1,860×全幅695×全高 1,160mm、シート高 790mm。車両重量は 130kg。

左から「ミッドナイトブルー」「ドラゴンレッド」「モンテホワイト」  (出典:Vespa Japan 公式 Facebook ページ)
左から「ミッドナイトブルー」「ドラゴンレッド」「モンテホワイト」
(出典:Vespa Japan 公式 Facebook ページ)