BMW は、8月27日に開幕したモスクワモーターショーで、「X5 Security Plus」を公開する。これは、顧客を暴力、誘拐、組織的犯罪から保護するために設計された自動車だ。


X5 Security Plus は、BMW による最新の SAV「X5」がベース。ボディや窓ガラスなどを強化し、VR6 レベルの防弾性能を獲得した。その他、パンクしても走行可能なタイヤや自動修復する燃料タンクなども装備し、銃撃された場合に備えている。


搭載されるエンジンは、450hp を発生する BMW ツインパワー V8 エンジン。これに、AWD を組み合わせたことで、X5 Security Plus はオンロード、オフロードのあらゆる路面でパワフルに走行可能。先に述べた、パンクしても走行可能なタイヤなどとあわせ、搭乗者が危険な場所から脱出する可能性を高めている。