MINI ブランドの電動スクーター「MINI Citysurfer Concept」のコンセプトモデルがロサンゼルスモーターショーで公開された。長く続く英国ブランド伝統の美しいデザインを持つ一台だ。


「Mini Citysurfer Concept」は時速24キロで走行できる電動スクーター。今回発表されたコンセプトモデルの重量は約18キロで、一回の充電で走行可能な距離は16キロから24キロとなっている。

MINI ブランドの電動スクーター「MINI Citysurfer Concept」
MINI ブランドの電動スクーター「MINI Citysurfer Concept」

時速24キロで走行できる
時速24キロで走行できる

その特徴は2つ。1つ目は、MINI と共通するデザイン&カラ―リングコンセプトを持っていること。MINI の横に並べても、違和感のない外観を持っている。

ホイールハウスの雰囲気やスポークデザインなども似ている
ホイールハウスの雰囲気やスポークデザインなども似ている

2つ目は、折り畳んで MINI Cooper のトランクに収納できること。そして、トランク内で MINI Cooper のバッテリーから充電できることだ。MINI Cooper に「MINI Citysurfer Concept」を搭載してロングドライブに出かけるときも、充電の心配をする必要はない。

「Mini Citysurfer Concept」は折り畳み可能
「Mini Citysurfer Concept」は折り畳み可能

Mini Cooper のトランクに収納できる
Mini Cooper のトランクに収納できる

トランク内で Mini Cooper のバッテリーから充電可能
トランク内で Mini Cooper のバッテリーから充電可能

BMW は「Mini Citysurfer Concept」を、駐車場から最終目的地の間をカバーする、理想のラストマイルビークルであり、都市部の渋滞軽減に貢献できる乗り物だと説明している。また、MINI と「Mini Citysurfer Concept」を組み合わせて利用することで、欧州各国の、クルマの通れない細い道に対応できるようになるとしている。

「Mini Citysurfer Concept」は駐車場から最終目的地をつなぐラストマイルビークル
「Mini Citysurfer Concept」は駐車場から最終目的地をつなぐラストマイルビークル

都市部の渋滞を軽減できる
都市部の渋滞を軽減できる

細い道にも対応可能
細い道にも対応可能