「911 GT3」を上回る性能を備えた高性能スポーツカー、「911 GT3 RS」の予約受注が、2015年3月23日から開始される。


「911 GT3 RS」は、現在考えうる最高のモータースポーツテクノロジーが導入された公道仕様の911。駆動システム、エアロダイナミクス、および軽量構造に対する大幅な変更によって「911 GT3」を上回る性能を備えた。ニュルブルクリンクの北コースにおけるラップタイムは、「カレラ GT」を上回る7分20秒を記録している。


パワートレインには、最高出力500PS(368kW)、最大トルク460N・m を発生する4リッター6気筒エンジンに、専用開発された7速 PDK が組み合わされた。このエンジンは、911シリーズのダイレクト・フューエル・インジェクション自然吸気エンジンとしては最大の排気量とパワーが与えられ、0 – 100km/h 加速タイムは3.3秒、0 - 200km/h 加速タイムは10.9秒となっている。


「911 GT3 RS」は、軽量構造のマスターピースでもある。ルーフにはマグネシウムが使用され、カーボンファイバー製エンジンフードとフロントリッド、および代替素材によるその他の軽量コンポーネントによって、「911 GT3」より約10キロの軽量化に成功した。軽量ルーフによって重心が下がり、横方向のダイナミクスがいっそう改善されている。


アルカンターラによるインテリアは、現行の「911 GT3」をベースにしている。主要な新装備であるフルバケットシートは、918スパイダーのカーボンファイバー製フルバケットシートがベース。標準装備されるクラブスポーツパッケージには、フロントシート後方に装着されるボルト固定式のリアロールケージ、バッテリーマスタースイッチ用部品が含まれ、6点式運転席シートベルトや消火器とそのブラケットも別途用意される。


希望小売価格は、2,530万円(消費税込み)。