京都の私鉄、叡山電鉄の鞍馬線市原駅~二ノ瀬駅にある「もみじのトンネル」。紅葉のころは燃え立つような景色だが、あえて新緑の芽吹くこの季節にゆっくり通り抜けてみよう、という特別運行が始まった。「青もみじのトンネル」と、叡山電鉄は呼んでいる。

新緑のトンネル
新緑のトンネル

4月25日~6月28日の期間、土曜日と休日だけ朝9時台~15時台まで、もみじのトンネル 250m 区間を徐行運転する。

このあたりではもみじの葉は車窓にせまるほどで、太陽の光を受けると新緑に輝き、春のそよ風に揺れるさまは命の息吹を感じさせるそう。

窓にせまるもみじの葉
窓にせまるもみじの葉

運賃は通常と同じだ。また同期間、徐行運転をする「900系きらら」901-902号車、903-904号車の2編成は車体シールも少し変更する。

シールもちょっぴり変更
シールもちょっぴり変更