Audi A1 および A1 Sportback の装備、仕様が一部変更され、6月18日に販売開始される。


Audi A1 は2011年に販売開始されたコンパクトカー。全長4メートルに満たないボディに機敏な運転性能と高い環境性能が凝縮されている。2012年には5ドアモデルの Audi A1 Sportback も追加された。


今回の改良、仕様変更では、両モデルに新開発の直列3気筒直噴ターボ1.0 TFSI エンジンを採用したモデルが導入される。アウディ史上初となるこの3気筒エンジンは、最高出力95ps、最大トルク160Nm を発揮。JC08 モード燃費はアウディとして過去最高の 22.9km/L を達成。高出力と優れた燃費性能を兼ね備えている。


昨年導入された気筒休止システム「シリンダー オン デマンド(Cylinder on Demand)」を備えた1.4TFSI エンジンは140ps から150ps へと出力を向上。いずれのエンジンにも7速 S トロニックが組み合わされている。

エクステリアではヘッドライトや LED テールランプ、前後バンパーやワイドになったシングルフレームグリルなどのデザインを変更。全長が20ミリ長くなり、よりシャープで力強い印象となっている。


インテリアではアルミニウムルックやハイグロスブラックの装飾を増やし、上質さを高めた。電動パワーステアリングを新たに採用し、燃費向上と高い走行安定性を実現した。



1.4 TFSI Cylinder on Demand には、アウディドライブセレクトを標準装備。安全面では、衝突のあとに自動的にブレーキをかけて二次衝突の危険を防ぐマルチコリジョンブレーキを新採用した。

価格はエントリーモデルの「Audi A1 1.0 TFSI」で249万円。その他のモデルについて詳細は、Audi の Web サイトを参照されたい。